病気にならない為の対策方法|いびきを防止するグッズで予防

男性

姿勢と通気性

睡眠

枕が悪いと睡眠にも影響が出てきます。理想の枕としては、良い姿勢での睡眠をキープできるタイプがあります。適度な硬さで、体に合った高さが必要です。素材としては、通気性が良く、吸湿性があるものが中に入っているとよいでしょう。

View Detail

侮ってはいけない

カップル

原因は

2000万人以上の日本人がいびきをかくと言われています。そのうち、約300万人はSASの可能性があると言われており、年々増加してきました。たかがいびきと考える人が多いですが、近年の研究によっていびきは健康に悪影響を及ぼすことが分かってきました。放置すると、重大な合併症を起こすこともあるので注意しましょう。また、いびきは睡眠の質も下げます。睡眠不足は健康はもちろん、美容にも良くないです。原因を探し、適切な改善策をとりましょう。とくに、肥満の人はいびきをかきやすいです。食生活を見直し、運動不足ならばそれも解消するようにしましょう。脂質や糖質を控えるようにして、摂取カロリーを減らすことを心がけることです。

グッズを活用

軽いいびきの場合、寝る姿勢に工夫をするだけで、症状がやわらぐことが多いです。あお向けではなく、横向きに寝るようにしましょう。横向きなら気道が閉じません。こう言う睡眠姿勢の改善のことを、ポジションセラピーと言います。ただ、重度のSAS患者にはあまり効果がないです。あくまでも軽い症状の人に適した改善方法と言うことを頭に入れておきましょう。また、最近ではいびきを改善するグッズも簡単に手に入れられるようになりました。鼻がつまりやすい人は、かなりの確率でいびきをかきます。そう言う人は、鼻腔を広げるテープを利用しましょう。空気の通りを良くしてくれるので、いびきの解消に役立ってくれます。鼻スプレーも効果的です。

忙しい女性に人気の美容法

足

足裏シートを貼り付ける前に、足の裏を綺麗にしておくと、朝まで剥がれることがなくなります。また、剥がれやすい人はテープで補強しておくと、さらに効果的です。足裏シートが人気になっている秘密は、簡単に始められることとコストが安いことです。

View Detail

体を温めて健康に

マグカップを持つ人

温活には、飲み物も重要です。キンキンの冷えた飲み物ではなく、常温か温かい飲み物が良いです。このように温活といっても、特別な事をする必要は、全くありません。日々の生活の中で、少し意識を変えるだけでも、十分体を温める事が可能です。

View Detail