体を温めて健康に|病気にならない為の対策方法|いびきを防止するグッズで予防

病気にならない為の対策方法|いびきを防止するグッズで予防

婦人

体を温めて健康に

マグカップを持つ人

体の冷えの危険性

ここ最近、体を温める温活という事が、女性を中心に密かなブームとなっています。テレビや雑誌などのメディアでも、特集されている機会も多いようです。現代人は昔の人と比べると、約0.5度から1度程基礎体温が低い傾向にあるとされています。この症状が、肥満やむくみ、生理痛や生理不順、不妊などの女性特有の症状を引き起こします。そこで女性を中心に、体を温める温活には注目が集まっています。温活には様々な方法がありますが、まず前提として、早寝早起きやバランスのとれた食生活、適度な運動を心がける事です。生活リズムや食生活が極端に乱れてきたり、慢性的な運動不足では、いくら温活を頑張っていても、効果は出にくいでしょう。

簡単な体の温め方

まず体を温める為には、3つの首を温めるという事がポイントです。その3つの首とは、首、手首、足首です。この3首を温める理由としては、血液を運ぶ動脈が体の日の面に出ている為、襟や袖などの隙間から冷気が入ってきて、体を冷やしてしまう為などが挙げられます。ストールやマフラーで首を温めたり、手袋で手首を温めたり、靴下の上からレッグウォーマーを履いたりして、温活すると良いでしょう。また毎日シャワーで済ませている人は、注意が必要です。温活にはしっかりとお湯に浸かり、血行を良くして体を温める事が重要です。冷え性改善に有効的なお風呂の温度は、39度くらいで、約2、30分程浸かるのが良いとされています。またバスソルトなどの体を温めためる入浴剤を使うのも、体を温めるのに良いです。