姿勢と通気性|病気にならない為の対策方法|いびきを防止するグッズで予防

病気にならない為の対策方法|いびきを防止するグッズで予防

婦人

姿勢と通気性

睡眠

正しい姿勢をキープ

寝ているとき、全く動かないと感じるかもしれません。夜寝るときと朝起きるときとで全く姿勢が変わらない人もいます。一方で、布団がどこかに行っている人、服が乱れている人などもいます。実際は寝返りなどをうつため、それなりに姿勢が変化しています。理想の枕としては、正しい姿勢をキープできるタイプになるでしょう。あまり柔らかすぎると、沈み込み過ぎてうまく寝返りができない場合があります。適度に硬さがある方が寝返りは打ちやすくなります。その他、高さをキープする必要があります。あまり低すぎたり、高すぎたりするとやはり寝返りが打ちにくくなります。理想の高さは人によって異なるので、自分の体に合わせて調節して作ると理想の枕にできます。

通気性や吸湿性

夜に寝るときに使う寝具として枕があります。頭を枕に置いて寝るので、頭の環境に大きく影響を与えるアイテムになります。理想の枕としては、まず通気性が良いタイプが挙げられます。頭は体の中でも非常に重くなります。ですから、枕の上に置くと沈み込みます。密着するタイプだと、通気性が悪いので、どんどん熱がこもってしまいます。頭の熱を発散できなくなります。理想の枕としては、そば殻やパイプなど通気性が確保できる素材がいいかもしれません。夏などには、熱などで湿気がこもりやすくなります。吸湿性がある素材が使われていると、蒸れずに済みます。蒸れは温度にも関係するので、できるだけ水分のこもりがない素材を使うようにしてみましょう。